アメリカンテント

お問い合わせ窓口
受付時間:9:00〜18:00(日・祝休)

072-873-1587

HOME > トピックス > コラム > 突然ですが、皆さんはテントの数え方を知っていますか?

コラム のトピックス

突然ですが、皆さんはテントの数え方を知っていますか?

コラム

というのも、以前テントを「一台」と言っていた人がいましてね。
「一つ、二つ」というならまだしも「一台」はないよなぁ~。と思ったんですが…。
皆様はテントの数え方、分かりますか?


正解は「一張り」です。
他にはカサや提灯もこの数え方をしますね。
紙や布を使ったものは「張り」という数え方をするんです。

他に面白い数え方をするものもありますよ。
例えば、たんす。
普段は「一台」と数えてる人も多いんじゃないでしょうか?
では、正しくはどういう数え方をすると思いますか?

正解は「一棹」。
大型の衣装箱やたんすは移動する際に棹をさして担いでいたことからこう数えられるようになったんですね~。

他にも例えば面白いものは、ハガキ。
普通は「一枚」や「一通」と数えますよね。

ただ、ハガキはポストに投函する前とした後では数え方が異なるんです。
投函する前は「一葉」と数えます。
葉のように、手のひらに乗る大きさで薄くてひらりと落ちていくことから、そう数えられるようになったんです。
ポストに投函した後だと、手紙になるから「一通」に変わるんですね。

物の数え方や意味などを知っていくと面白いですし、正しい日本語を知るのは正しいものの捉え方が出来る、ということなんですね。